受付時間

TEL

坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰・お尻の痛み・しびれ
  • 太ももの裏側から足にかけての痺れ
  • 身体を動かすと痛みや痺れが悪化する
  • 痛み・しびれの為、歩行が困難になる
  • 足に力が入りにくい
  • 足全体の違和感

坐骨神経痛とは?|永田東洋鍼灸整骨院

坐骨神経痛とは、症状の表現であり、病名ではありません。

坐骨神経痛という名前が示す通り、坐骨の神経が圧迫されることにより生じる神経痛の総称です。

坐骨神経のどの部分で圧迫されているかによって、症状や施術法は様々なので、一概に決めつける事は出来ません。

足周りの痺れや、だるさ、広い範囲の痛みが気になれば、坐骨神経の圧迫が原因かもしれません。

なぜ、坐骨神経痛は起こるの?|永田東洋鍼灸整骨院

坐骨神経痛の原因は様々ですが、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・神経根圧迫・梨状筋症候群など簡単にいえば、背骨や骨盤のズレ・周りの筋肉の緊張などにより、 坐骨神経を圧迫することで坐骨神経の通り道である、太もも・スネ・ふくらはぎ・足先に痺れやだるさ、痛みを伴います。

その中でも原因の多くを占める「梨状筋症候群」について説明します。

お尻にある梨状筋の緊張によって、坐骨神経を圧迫することで起こる坐骨神経痛です。 梨状筋は人それぞれ形が違い、神経の通りも人それぞれです。ですが、筋肉の緊張が原因なので、その緊張を取り除くことが重要です。

それ以外の「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「神経根圧迫」は椎間板が、脊柱が何らかの原因によって神経を圧迫して坐骨神経痛を引き起こしているという形になります。

いずれも、骨盤・背骨の歪みが原因であったり、筋肉の緊張が原因であったりするので、それらを取り除く必要があります。

坐骨神経痛が治らない理由|永田東洋鍼灸整骨院

坐骨神経を圧迫している筋肉の緊張が原因の場合、筋肉をほぐせばよくなりますが、筋肉をほぐしても治らない場合があります。 なぜなのか?

筋肉は骨から骨についています。ズレ・歪みがあると、骨と骨の長さが変わり、筋肉の長さも変わってきます。その状態で筋肉をほぐしても、根本のズレ・歪みをとらないと筋肉は再び緊張してしまいます。その都度神経を圧迫してしまい、なかなか治らないようになってしまいます。

他にも、筋肉の緊張が強すぎる場合。マッサージで筋肉をほぐそうとしても筋肉は身体の奥に位置します。表面の筋肉はマッサージでほぐすことが出来るのですが、坐骨神経痛の症状の筋肉は奥の方にあるので、奥までほぐすにもマッサージでは限界があり、なかなか治りにくいのです。

当院の坐骨神経の施術|永田東洋鍼灸整骨院

上でも書きましたが、ズレ・歪みが原因の場合は

骨盤背骨全身矯正

坐骨神経を圧迫している筋肉が原因の場合は

鍼灸施術

永田東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒612-8353
京都府京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエアウエスト1F
駐車場
5台完備

受付時間