京都市伏見区永田東洋鍼灸整骨院の産後の腰痛施術

受付時間

TEL

産後の腰痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 産後から腰痛がある
  • 産後から骨盤が歪んでいる産後から痩せにくい
  • 産後から背中の痛みや臀部の痛みがある産後から浮腫がある
  • 産後から便秘がち

産後の腰痛の原因|永田東洋鍼灸整骨院

産後は骨盤がズレやすくなっているのはご存知でしょうか。その「ズレ」が腰痛を生む原因なのです。

写真のように骨盤がずれてしまうと、筋肉にはすごく負担がかかります。というのも筋肉は骨から骨につくからです。

さらに、ずれ方も様々なので「骨盤の負担」「筋肉の負担」など症状の出方は様々です。

どのタイプに区分されても、産後の骨盤のダメージは計り知れません。

出産時にかかる骨盤の負担は、交通事故にあった時のダメージくらいと言われています。

帝王切開の方も注意してください。

普通分娩でなくても、お子さんの居場所を確保するために骨盤は開きます。

出産後は早いうちに産後のケアを行うことが「産後の腰痛」を長引かせないことに繋がります。

産後の腰痛の治療方法|永田東洋鍼灸整骨院

産後の腰痛の原因はご理解いただけたと思います。では治療方法は何が最適なのか解説致します。1番重要な治療方法は「産後の骨盤矯正」になります。

妊娠や出産に伴いずれた骨盤を正すのが根本的に治すには必須の治療になります。

産後の骨盤矯正は、もちろん産後の腰痛改善も見られます。

それだけでなく「痩せやすい体になる」「むくみをの改善」「便秘の改善」「冷えの改善」などと、他にもたくさんの効果があります。ですが、それだけでは産後の腰痛は根本的には治りません。

極端に筋肉がダメージを受けていない骨盤や筋肉の状態なら産後の骨盤矯正だけでも効果はあります。

しかし骨盤のずれとともに、筋肉にも負担がかかっている腰で「根本的に産後の腰痛を治したい」「根本から綺麗なくびれを作りきりたい」そこまでやり切るには産後の骨盤矯正だけでは効果が薄くなります。

そのため『筋肉の柔軟性をあげて硬い筋肉をなくす』『筋肉が骨を引っ張らないようにする』こういったことが重要になります。

そこで行う治療は「鍼伮治療」「超音波治療」こういったものになります。鍼伮治療ですと、東洋医学の力を使いツボに刺激します。

超音波ですと、直接硬い筋肉などに刺激を与えて治療を行います。

産後の腰痛治療後に行うセルフケア|永田東洋鍼灸整骨院

産後の腰痛に対しての治療で「産後骨盤矯正」「鍼灸治療」「超音波治療」などをおこなった後にするセルフケアをご紹介します!

1つめ

❶「仰向けで寝ていただき片足ずつ抱え込む」

❷「仰向けで寝ていただき両足を同時に抱え込む」

2つめ

片方の足を伸ばし、もう片方の足の膝を90度に曲げます。

次に曲げた足を、伸ばしているを超えるように反対側に持っていきます。手を使い腰を捻れるようにします。

3つめ

仰向けで寝ていただき、骨盤の少し上のところにクッションなどを敷きます。

硬すぎても痛いのでクッションもしくは硬いものの周りに布などを当てて傷まないように工夫しましょう。

こちらはテレビを見ている時や、寝る前などに行ってみてくださいね。

永田東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒612-8353
京都府京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエアウエスト1F
駐車場
5台完備

受付時間