受付時間

TEL

足底筋膜炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝1番に足裏、かかとに痛みが出る
  • 走ったりすると痛い
  • 歩いたりすると痛い
  • 運動をしたいけど痛いから諦める
  • ちょっと扁平足かも…

実はこれ、「足底筋膜炎」という症状なんです。

足底筋膜炎とは・・・|永田東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎は歩きすぎや走りすぎといった荷重の負荷を足裏にかけることで足裏の筋肉に炎症を起こした状態のことを言います。ふだん運動として歩いたり走ったりする方や運動部に入っている学生、立ち仕事が多い方がよくなります。

何故足底筋膜炎は起きるのか?

足底筋膜炎は足裏のアーチのバランスがおかしくなると足裏の筋肉に負荷がかかりやすくなります。すると足の裏の筋肉が過剰に伸びたり縮んだりしてしまいその結果、歩いたり、走ったりというような運動をすることで筋肉や靱帯に傷をつけてしまい炎症が起こってしまいます。炎症が起こると痛みが発生してそこの筋肉を使おうとすると激痛が走ってしまうのです!

足底筋膜炎を放っておくと…|永田東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎を治療せずそのままにしておくと足の裏の筋肉がさらに硬くなります。すると筋肉の伸び縮みがスムーズにいかなくなりさらに負荷をかけることとなるので、筋肉の炎症を悪化させてしまいます。そうなると、何もしていない状態でも激痛が走り、動くこともままならないようになってしまいます。さらに足の裏の痛みをかばうことでふくらはぎの筋肉も硬くしてしまう等、他の部分にも悪影響を生み出してしまいます。

足底筋膜炎の一般的な施術

通常足底筋膜炎の施術といえば、およそ電気施術やマッサージ施術、テーピング施術などを行うのが一般的です。

永田東洋鍼灸整骨院の施術方法|永田東洋鍼灸整骨院

伏見区の永田東洋鍼灸整骨院では、足底筋膜炎の特殊な施術を行うことができます。

・痛みの改善、軽減が可能である

・鍼灸施術、超音波ハイボルテージで痛みの根本施術が行える

・施術だけでなく、お客様の声を聞き心のサポートもできる

・オイルマッサージ施術で足裏からふくらはぎまでの筋肉を緩め炎症を抑えることが出来る

痛みの軽減-痛みは無くなってからが本番

良くなった、治ったからと言って、すぐ運動を開始しないでください。

再度確認してください!!

・軽く動かして痛みがない

・試しに歩いたり、走っても痛くない

・痛めている筋肉(ふくらはぎ、足裏)のストレッチが楽である

・動いてみても痛くなりそうな気配がない

この4つが判断基準となります。

何か気になる事があれば、何でもお聞きください。

永田東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒612-8353
京都府京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエアウエスト1F
駐車場
5台完備

受付時間