京都市伏見区永田東洋鍼灸整骨院のオスグッド・シュラッター病施術

受付時間

TEL

オスグッド・シュラッター病

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝下に痛みがある
  • 膝下が腫れている・熱感がある
  • 膝下の骨が出てきている
  • 正座ができない
  • 膝への負担が大きいスポーツをしている(サッカー・陸上・バレーボールなど)
  • 運動すると痛くなる、休むとマシになる

実はこの症状、オスグッド・シュラッター病かもしれません!!

オスグッド・シュラッター病とは|京都市伏見区桃山 永田東洋鍼灸整骨院

オスグッド・シュラッター病とは、膝下にある脛骨と言われる骨が大腿四頭筋と言われる太ももの筋肉に引っ張られ、剥離し飛び出す事で痛みが出る症状です。

この症状は成長期(小学生~中学生)でスポーツをされておられる方に多い症状です。

成長痛、スポーツ障害の1つとされています。

オスグッド・シュラッター病の原因|京都市伏見区桃山 永田東洋鍼灸整骨院

オスグッド・シュラッター病の原因は、スポーツなどで膝を伸ばす事が多くなり、その伸ばす力が何回も繰り返しされることで膝下の脛骨が引っ張られ、成長期の骨に存在する軟骨と言われる部分が剥離し突出することで痛みに繋がります。

また、膝を伸ばす際に脛骨を引っ張る筋肉、大腿四頭筋が硬くなり柔軟性が低下し膝が伸びた際に脛骨にかかる負担が大きくなる事が原因になることもあります。

オスグッド・シュラッター病の施術|京都市伏見区桃山 永田東洋鍼灸整骨院

オスグッド・シュラッター病は、一般的には成長期が終了すると自然に治癒するのですが、成長期が終了するまでの期間痛い状態が続きます。

その間の痛みに対して、京都市伏見区桃山にある永田東洋鍼灸整骨院では悪化の防止・早期回復を目的とし治療を行っています。

京都市伏見区桃山にある永田東洋鍼灸整骨院では、膝下の痛みの原因である大腿四頭筋に対して治療を行い柔軟性の向上を目指します。

さらに、脛骨で炎症が起きているので、炎症除去の治療も行います。

超音波施術・鍼灸施術といったどちらも筋肉の柔軟性を上げる事ができ、さらに炎症除去も可能な施術方法で、膝にかかる負担を軽減し、痛みの緩和また悪化の防止・早期回復が期待できます。

オスグッド・シュラッター病の予防|京都市伏見区桃山 永田東洋鍼灸整骨院

オスグッド・シュラッター病にならない為にはしっかりとした予防が大切です!!

予防としては運動前のウォーミングアップ、運動後のストレッチやアイシングが非常に大事になります。

また、運動時に負担がかかる姿勢が多くなっていないかの確認も大事です。

運動中に膝下の痛みを感じる事があればすぐに運動を中止し休憩を取るようにしてください!

オスグッド・シュラッター病は治療を行い痛みが無くなっても数か月の間は激しい運動をすると再発する恐れがあります。

初めのうちは激しい運動は避け、徐々に体を動かし慣らしていく事も大切です!

オスグッド・シュラッター病でお困りの方は京都市伏見区桃山にある永田東洋鍼灸整骨院にご相談下さい!

永田東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒612-8353
京都府京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエアウエスト1F
駐車場
5台完備

受付時間