受付時間

TEL

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • お尻から足にかけての痛みや痺れ
  • 長距離歩くと痛みが出てくる
  • 前かがみになると痛みやしびれが軽減する
  • 脊柱管狭窄症と診断された
  • 腰を後ろに反ると痛みが増す

脊柱管狭窄症とは|永田東洋鍼灸整骨院

一般的に脊柱管狭窄症とは、ヘルニアや分離症、すべり症などで神経の通り道が狭くなっている状態のことを脊柱管狭窄症といいます。

脊柱管狭窄があればお尻から足にかけての痛みやしびれが出現するといわれていますが、脊柱管が狭窄していても痛みや痺れが出ない事もよくあります。

脊柱管狭窄症の痛みや痺れの原因は|永田東洋鍼灸整骨院

脊柱管というのは背骨の内側にあるもので、そこに原因があるならばお尻や足に痛みや痺れが出るだけでなく腰にも症状が現れてくるはずです。

しかし、京都市伏見区の永田東洋鍼灸整骨院に脊柱管狭窄症と診断され来院されたほとんどの方が腰に症状を訴える方は少なく、お尻から足にかけての痛みや痺れを訴える方がほとんどです。

では脊柱管狭窄症の本当の原因は何でしょうか?

それは脊柱の周りの筋肉やお尻の筋肉が硬くなっていることです。

腰やお尻周りの筋肉は身体を支えているだけでも疲労は蓄積されていきます。

それだけなく普段の生活で座ったり前屈みなどの動作で負荷がかかりやすい筋肉なので、硬くなりやすく筋肉が神経を圧迫することにより痺れや痛みが出てくるのです。

なので痛みや痺れを改善させるにはしっかり筋肉を緩める事が大事なのです。

永田東洋鍼灸整骨院の施術方法|永田東洋鍼灸整骨院

脊柱管狭窄症でも、筋肉が原因での痛みに対して京都市伏見区の永田東洋鍼灸整骨院では、マッサージだけでは表層の筋肉しか緩める事が出来ないのですが、脊柱管狭窄症からくる筋肉の硬さには深層の筋肉までしっかり緩める事ができる京都市伏見区の永田東洋鍼灸整骨院自慢の鍼灸施術や超音波、骨盤や背骨の歪みに着目し、筋肉を緩めたり、再発防止に繋がる全身の背骨・骨盤矯正施術を行います。

どちらの施術も脊柱管狭窄症からくる腰痛と足の痺れや痛みに結果を出し続いています。

病院で脊柱管狭窄症と診断され、腰痛やお尻から足にかけての痺れが改善しないとお悩みの方は是非一度、京都市伏見区の永田東洋鍼灸整骨院にご相談ください。

永田東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒612-8353
京都府京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエアウエスト1F
駐車場
5台完備

受付時間