京都市伏見区永田東洋鍼灸整骨院の産後の倦怠感施術

受付時間

TEL

産後の倦怠感

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 産後の腰痛がある
  • 産後から体型が戻りにくい
  • 産後から全身の倦怠感がある
  • 産後からむくみがある

産後はなぜ倦怠感がでるのか?|伏見区桃山 永田東洋鍼灸整骨院

産後の倦怠感でお困りではありませんか?

なぜ倦怠感が出るのかというと、いくつか理由はあります。

お母さんは生まれたばかりの赤ちゃんを24時間体制でお世話をする必要があります。

出産で消耗した体力が回復していないにも関わらず、睡眠も満足にとれず世話をするというのは体にとって大きな負担になります。

出産時に出血量が多い場合は、鉄分の不足が起こることがあります。 めまい・立ちくらみ・動悸・息切れなどの原因になります。

他にはホルモンバランスの急激な変化も理由の一つです。

出産を境に、ホルモンバランスは急激な変化を起こします。

こうした変化が自律神経を乱してしまい、心身の不調を起こしやすくなります。

これら以外にも、物理的に体の不調を起こすものもあります。

それは骨盤のズレです。骨盤のずれは身体の要である腰に大きな負担を与えてしまいます。

大きな役割を果たす腰が不調に陥れば、全身症状を呈することがあります。

身体の倦怠感以外にも、産後の体型・むくみ・腰痛などのあらゆる症状の種になりかねません。

産後の症状に対する治療|伏見区桃山 永田東洋鍼灸整骨院

倦怠感が出る理由によって治療内容が異なってきます。

自律神経の乱れ・筋肉疲労・睡眠不足などこういった症状には全身のツボを使った鍼灸治療がおすすめです。

筋肉疲労は筋肉の使いすぎや筋肉の硬さが原因で起こります。

そんな筋肉に鍼灸治療を行うことで筋肉の柔軟性を作り出し、しっかりとした身体の動きができるようになるので全身の身体の不調を起こしにくくなります。

さらに、産後のむくみなどにも適しています。

血液は筋肉の中を流れます。筋肉が凝り固まっていると、血液はその場で停滞してしまいます。

その血流の悪さが浮腫の原因になるので、筋肉の柔軟性を作り出すためにも鍼灸治療は最適な治療方法になります。

次は産後の骨盤のずれが原因で起こる全身の倦怠感の治療方法についてです。 産後の骨盤矯正が産後の骨盤のずれには最適な治療方法になります。

産後にずれた骨盤は戻りが悪く、一度出てしまった症状も改善方向に向かうのは時間がかかります。

骨盤には身体の要となる腰の筋肉がついているので、骨盤の位置がズレると腰の筋肉も正常の位置から逸脱し、腰の動きの悪さから始まり全身症状を呈していくようになります。

そのため、産後はなるべく早く産後の骨盤矯正を行うことで倦怠感が出にくかったり、骨盤の位置が戻りやすかったりとメリットはたくさんあります。

産後の骨盤矯正は産後でずれた骨盤の位置が整うので、くびれが綺麗にできたり、入らな かったズボンが入るなどたくさんの効果が期待できます。

永田東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒612-8353
京都府京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエアウエスト1F
駐車場
5台完備

受付時間