京都市伏見区永田東洋鍼灸整骨院のテニス肘施術

受付時間

TEL

テニス肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • スイングすると肘が痛い
  • ボールを打ち返すと肘が痛い
  • ものを握ると肘が痛い
  • 重たいものを持ち上げると肘が痛い

テニス肘って??|京都市伏見区桃山 永田東洋鍼灸整骨院

テニスをしていて肘を痛めただけでなく,日常生活を送っていただけで肘が痛くなった方もテニス肘の可能性があります。
テニスをしていると肘が痛くなることが多いのでテニス肘と名付けられただけで,正式名称を『上腕骨外側上顆炎』と言います。

手の平を上に向けた時に肘の外側に出っ張りを感じる骨を「外側上顆」逆に内側にある骨の出っ張りを「内側上顆」と言います。
肘の外側はテニスで痛むことが多くテニス肘ですが、内側は野球選手に多く起こりますので野球肘と呼ばれています。

肘は肘でも痛む場所が変わるだけで治療方針や原因が変わってくるのでしっかりと痛む場所を見極めましょう。
その肘の痛さも肘が悪いのではなく、前腕の筋肉が原因となっています。
テニスでは前腕の筋肉を酷使します。前腕の筋肉は肘に向かってついているため、酷使された筋肉は肘の骨を引っ張り肘に負担をかけます。

こういった原因で肘に負担がかかることがテニス肘の原因になります。

テニス肘の治療方法|京都市伏見区桃山 永田東洋鍼灸整骨院

テニス肘に対して行う治療方法は主に2つあります。
1つ目は「鍼灸治療」です。

鍼灸治療では肘に負担をかけている前腕の筋肉に対してアプローチします。
使い過ぎで固まってしまった筋肉に対して鍼灸治療を施すことで肘にかかる負担を軽減します。
固まった前腕の筋肉が肘の骨を引っ張るのを防ぐことで肘にかかる負担は取れ、テニス肘の症状を緩和させます。

もう一つは「超音波ハイボルテージ」です。
超音波ハイボルテージは、テニス肘で痛めた外側上顆の炎症をとるため患部に直接当てることで痛みを緩和させます。
もう一つ効果はあります。前腕の固まった筋肉に対して当てることで、筋肉を柔らかくします。その結果、肘を引っ張るという肘にかかる負担を取り除き、テニス肘の症状は改善されます。

永田東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒612-8353
京都府京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエアウエスト1F
駐車場
5台完備

受付時間