受付時間

TEL

捻挫

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腫れがなかなか引かない
  • 腫れが引いても痛みがとれない
  • 関節の動きが悪くなる
  • 捻挫をしやすくなってしまう

捻挫ってどんな症状?|永田東洋鍼灸整骨院

捻挫とは、段差で足を滑らせて足が捻った時に着地してしまったり、スポーツをしていて、相手選手の足の上に着地してしまったりなど、関節に過度な動きが加わり、腱や筋肉や靭帯や軟骨などに負担がかかり、傷がつく怪我のことをいいます。

捻挫をすると少し時間が経つと青じんでいることがあると思いますがこの青じみは、捻った際に関節内部の血管が傷つき起こります。

この内出血が溜まることが腫れる原因にもなります。 捻挫は足に起こるのが有名ですが、どこの関節でも起こりうる症状です。

捻挫が起こるシチュエーションの多くはスポーツですが、日常生活でも起こる身近な症状でもあります。

それを放っておくと捻挫しやすくなったり、関節がグラグラする感じがしたり、疲れた時に痛みがでたり、雨の日に痛みがでたりなど、後々に影響が出る場合があるので、しっかり治すことをお薦めします。

捻挫をしたらどうしたらいいの?|永田東洋鍼灸整骨院

捻挫をしたらまずはすぐに応急処置をしていただきたいです。 これをするとしないでは治る早さが変わってきます! 応急処置は頭文字をとってRICEと言われます。 慣が乱れると自律神経が疲弊して自律神経失調症のしょうじょうが現れることもあります。

R:REST(安静)

I:ICING(冷却)

C:COMPRESSION(圧迫)

E:ELEVATION(挙上)

です。

この中でも一番簡単にできて、一番大切なことは冷やすことです。 よくアイスノンなどで冷やしがちですが、凍傷の恐れがあるので、氷水で冷やしていただくのが一番です。 アイシング(冷却)は炎症を抑えることができるので、痛みがすこしやわらぎます。

永田東洋鍼灸整骨院の施術方法|永田東洋鍼灸整骨院

当院では患者様の症状によって施術内容は変わりますが、痛み・腫れがきつい場合は、痛みや炎症を抑えるのに特化した超音波ハイボルテージ施術をおこないます。この治療器はプロのスポーツ選手が自分の体のケアに使ったり、怪我をした時に早くよくするために使ったりする機械になります。

捻挫により周りの筋肉に負担がかかり筋肉が硬くなってしまうと、治りを遅くしたり、動きが悪くなり他の部分を痛めたりすることもあるので、その場合は鍼灸施術をしたり、血流をよくして治りを早くするためにオイルマッサージ施術をしたり、患部に負担をかけないためにテーピングで固めて負担をかけないようにしたりと、患者様の症状に合わせて施術させていただきます。

捻挫は放っておかずにしっかりよくしていきましょう。

永田東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒612-8353
京都府京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエアウエスト1F
駐車場
5台完備

受付時間