京都市伏見区永田東洋鍼灸整骨院の不眠施術

受付時間

TEL

不眠

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 夜中に何度も目が覚める
  • 寝つきが悪い
  • ストレスが多い
  • 日中に眠気が出る

不眠とは|京都市伏見区桃山 永田東洋鍼灸整骨院

不眠とは寝付けなかったり夜中に何度も目が覚めてしまうことを言います。
日本では約5人に1人の割合で不眠の方がいると言われています。
不眠症は20代や30代くらいから始まり、年齢が増すにつれて増加傾向にあります。

特に男性より女性に多い症状とも言われています。
不眠には大きく分けて4つの症状があります。

❶早朝覚醒

起きたい時間よりも早く目が覚めてしまうことを言います。
そこからもう少し寝たくても寝ることができないのを、早朝覚醒と言います。

❷熟眠覚醒

睡眠時間を長時間確保できたにも関わらず、眠った感じがいない症状のことを言います。

❸途中覚醒

眠りにはつけるが夜中に何度も目が覚めてしまうことを途中覚醒と言います。
目が覚めるタイミングや頻度は個人差が見られますが、年齢が上がるにつれてこの症状は多く現れてきます。

❹入眠障害

寝ようとして布団に入ってもなかなか眠りにつけないことを言います。
寝つきに時間がかかるこの症状は、不眠症の中で最も多い症状になります。

不眠の原因|京都市伏見区桃山 永田東洋鍼灸整骨院

不眠の原因の多くは、ストレスによる自律神経の乱れが原因とされています。
生活習慣の乱れや心配事があると自律神経は乱れてしまいます。
自律神経は交感神経と副交換神経の二つの神経が存在しています。

日中の活動時には交感神経が優位に働いており、リラックスしている時や睡眠時には副交感神経が優位に働きます。
ストレスを抱えている場合は、自律神経が乱れてしまい、リラックスしている時でも交感神経が優位に働いてしまいます。
そうなると寝たくても寝れないなどの覚醒状態になってしまいます。
これが不眠の原因になります。

不眠の治療方法・改善方法|京都市伏見区桃山 永田東洋鍼灸整骨院

不眠の方がまず行うことはストレスなどをなくし、ストレスから解放されることが1番です。
ですが、なかなかストレスを解消させるのは難しいです。

なのでストレスを解消させるのではなく、自律神経を整えてからストレスを減らす方が治療効果は上がります。
自律神経を整える治療は鍼灸治療が最適です。
自律神経を整えるツボは身体の至る所に存在しますので、ツボに鍼灸の刺激を入れることで自律神経が整ってくれます。

自律神経が整うとストレスも軽減され不眠の解消につながってきます。
他にも不眠や自律神経の乱れの解消法はあります。
全身のバランスを整えて、神経や血管の流れを良くして解消させることも可能です。

神経や血管の流れが良くなることで筋肉や骨などに栄養が流れるのでしっかりとした身体の状態を作ることができます。
不眠でお困りの方は京都市伏見区桃山にある永田東洋鍼伮整骨院にご相談ください!

永田東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒612-8353
京都府京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエアウエスト1F
駐車場
5台完備

受付時間