永田東洋鍼灸整骨院
電話番号スケジュール
駐車場・最寄り駅

伏見区で腰痛にお悩みの方は永田東洋鍼灸整骨院までご相談ください!

部位別症例
TOP|部位別症例 - 自律神経失調症

自律神経失調症

こんな症状でお悩みではありませんか?
  • めまいや頭痛がある
  • 肩こりがきつい
  • 動悸、息切れがある
  • 夜ぐっすり寝れない
  • よく疲れる
これは自律神経が乱れて起こる症状です!

自律神経失調症とは

まずは自律神経の説明ですが、自律神経とは無意識で働く神経のことです。
生きていくために必要なことをやっていくのが自律神経の働きになるのでとても重要な神経なのです!自律神経は2つに分けられ、交感神経と副交感神経に分けられます。
交感神経は活動時に働く神経で、呼吸を早めたり、体温を上げたりする神経です。
副交感神経はリラックスするときに働く神経で胃腸の働きを活発にしたり、体温を下げたりする神経です。
主に眠っているときに働いています。
つまりは24時間生命に関わる仕事をしているわけです。

何故自律神経失調症になるの?

自律神経失調症の原因はその人によって様々です。例えばストレス、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れが多い原因です。
ストレスは人間誰でも感じるものですがストレスを感じすぎてしまうと自律神経が乱れてしまいます。多くは職場でため込むことが多いと思います。人間関係や仕事量などでたまったストレスが自律神経を乱してしまうことがあります。

ホルモンバランスの乱れは特に女性に多く見られます。生理中などに女性ホルモンの量が乱れたりすることが原因となることもあります。

生活習慣の乱れは自律神経の働きが日常生活と深く関わっていることから関係があります。食生活の乱れや夜更かしなどで生活習慣が乱れると自律神経が疲弊して自律神経失調症のしょうじょうが現れることもあります。


自律神経失調症に対しての施術

京都市伏見区の永田東洋鍼灸整骨院ではストレスや身体の疲労を取り除くことを目的として全身の矯正や鍼灸施術、オイルマッサージを行っていきます。
これらの施術を行うことで血流をよくしたり筋肉の緊張を取り除くことでリラックスしていただきます。
そうすることで交感神経の働きを正常に戻し症状を改善していきます。



身体のゆがみを治しバランスを整えていくために矯正施術を行います。 筋肉の緊張、こわばりをとっていくために鍼灸施術を行います。 心身ともにリラックスするためにオイルマッサージを行います。


自律神経失調症は一人で悩んでいると余計にストレスがたまったり疲労がとれなかったりと症状が悪化してしまうことが多いです。なので一人で悩まず京都市伏見区の永田東洋鍼灸整骨院に相談していただければと思います。症状について等どんなことでも話していただいたりすると気持ちが楽になることもあると思います。一人で抱え込まずに何でも相談しに来てください。

アクセスマップ



交通手段

徒 歩
京阪伏見桃山駅 徒歩8分 京阪中書島駅  徒歩8分  近鉄桃山御陵前 徒歩10分  市バス肥後町駅 徒歩1分
自転車・バイク・車での通院
伏見区の永田東洋鍼灸整骨院の駐車場は5台まで駐車できます。伏見区の永田東洋鍼灸整骨院の駐車場が満車時は、当院前のコインパーキング駐車場をお気軽にご利用下さい。 受付に「満車だったので、コインパーキングを利用しました。」とお気軽にお伝えください。
※その際に必ず領収書を発行してお持ちください。
※ご不明な場合は、整骨院までお問い合わせください。

施術の流れ 

伏見区の永田東洋鍼灸整骨院ではこのようにお客様に接します。

問診 フロー矢印 検査 フロー矢印 施術提案 フロー矢印 施術 フロー矢印 説明
予診表を元に症状や訴えをお聞きして、今ある症状を把握します。 些細なことでもお伝えください。   症状や訴えを元に必要な検査を行い、更に詳しく症状を探っていきます。   カウンセリング、検査結果から知りえた情報を伝え、必要な施術方法を提案させていただきます。この際、お客様の窓口料金もすべてお伝えいたします。   症状緩和のために提案させていただいた施術を行います。 お客様一人一人の症状に適した施術を行います。   施術の結果を説明し、今後の施術内容や日常生活などでのアドバイスもさせていただきます。 疑問などがあれば、いくつでもお申し付けください。

受付時間・お問い合わせ

受付時間



初めての方へ

施術メニュー

部位別症例

マタニティコース

交通事故に遭ったら

店舗アクセス

>>料金案内<<

>>アクセス<<

>>Q&A<<

>>スタッフBLOG<<

>>採用情報<<

>>交通事故専用サイト<<

ここをタップすると電話ができます
075-611-5018
PAGE TOP ▲