永田東洋鍼灸整骨院
電話番号スケジュール
駐車場・最寄り駅

伏見区で腰痛にお悩みの方は永田東洋鍼灸整骨院までご相談ください!

部位別症例
TOP|部位別症例 - 顔面神経麻痺

顔面神経麻痺

こんな症状でお悩みではありませんか?
  • 左右で表情に違いを感じる
  • 目蓋が動かしにくい
  • 口角が上がりにくい
  • 急に目の乾きを感じるようになった
  • 口を閉じることが出来ない

顔面神経麻痺とは

顔面神経とは、脳神経の一つで、表情筋(顔の表情をつくる)を動かす機能や、唾液を分泌したりする機能などを持つ神経のことで、何らかの原因でこの顔面神経に障害が加わることで、目蓋(まぶた)が動かしにくくなったり、表情に左右差がうまれる病気です。

大きく顔面神経麻痺は中枢性と末梢性の2種類に分けられます。前者は、顔面神経に情報を伝える脳そのものが脳卒中や脳梗塞などで障害されることにより麻痺が生じるものであり、後者は、外傷やウイルスによって顔面神経が障害されるものや特発性のものがあり、ベル麻痺やラムゼイハント症候群と呼ばれます。 また顔面神経麻痺の約80%が末梢性のものと言われています。

顔面神経麻痺の原因

上記でも述べさせて頂きましたが、顔面神経麻痺は、中枢性と末梢性の2種類に分けられます。 その中でも、一番多く見られるのは末梢性の障害で起こるベル麻痺で、原因は特発性によるもので、明らかな原因がないですが、本態は循環障害による神経の腫れによると言われています。 その循環障害の原因に日常での精神的ストレスや顔面の冷えが多く挙げられています。 特に精神的ストレスは日常些細なことでも感じることもよくあるかと思います。自分では意識していなくともストレスが溜まり顔面神経麻痺などの症状を引き起こすのです。


顔面神経麻痺の治療

顔面神経麻痺の治療は、まず原因が何であるのかを知ることが大切です。 京都市伏見区にある永田東洋鍼灸整骨院では、特発的に起こる顔面神経麻痺に対して施術を行なっています。 原因のところで述べさせて頂いた通り、特発的に起こる原因は循環障害による神経の腫れです。 当院では循環障害を改善させる為にこのような治療を行なっています。



鍼灸治療
直接、障害部位の筋肉を刺激し循環改善を図るのも、もちろんですが、顔面部や神経症状に効果のある経絡やツボを刺激することにより、症状を改善させて行きます。また鍼灸治療はストレスの緩和にも効果があり、精神的ストレスが原因となっているものにもアプローチをしていきます。
⇒骨盤背骨全身矯正

ハイボルテージ治療
ハイボルテージ治療とは、超音波と電気刺激を一緒に筋肉や神経に与えることで、筋肉を弛緩させ循環改善を促していきます。


今まで、当院に顔面神経麻痺の症状でお越しになられた患者様もこのような施術で症状が改善し、喜んでいただいています。 もし顔面神経痛でお悩みの方は一度ご相談してみて下さい。

アクセスマップ



交通手段

徒 歩
京阪伏見桃山駅 徒歩8分 京阪中書島駅  徒歩8分  近鉄桃山御陵前 徒歩10分  市バス肥後町駅 徒歩1分
自転車・バイク・車での通院
伏見区の永田東洋鍼灸整骨院の駐車場は5台まで駐車できます。伏見区の永田東洋鍼灸整骨院の駐車場が満車時は、当院前のコインパーキング駐車場をお気軽にご利用下さい。 受付に「満車だったので、コインパーキングを利用しました。」とお気軽にお伝えください。
※その際に必ず領収書を発行してお持ちください。
※ご不明な場合は、整骨院までお問い合わせください。

施術の流れ 

伏見区の永田東洋鍼灸整骨院ではこのようにお客様に接します。

問診 フロー矢印 検査 フロー矢印 施術提案 フロー矢印 施術 フロー矢印 説明
予診表を元に症状や訴えをお聞きして、今ある症状を把握します。 些細なことでもお伝えください。   症状や訴えを元に必要な検査を行い、更に詳しく症状を探っていきます。   カウンセリング、検査結果から知りえた情報を伝え、必要な施術方法を提案させていただきます。この際、お客様の窓口料金もすべてお伝えいたします。   症状緩和のために提案させていただいた施術を行います。 お客様一人一人の症状に適した施術を行います。   施術の結果を説明し、今後の施術内容や日常生活などでのアドバイスもさせていただきます。 疑問などがあれば、いくつでもお申し付けください。

受付時間・お問い合わせ

受付時間



初めての方へ

施術メニュー

部位別症例

マタニティコース

交通事故に遭ったら

店舗アクセス

>>料金案内<<

>>アクセス<<

>>Q&A<<

>>スタッフBLOG<<

>>採用情報<<

>>交通事故専用サイト<<

ここをタップすると電話ができます
075-611-5018
PAGE TOP ▲