残暑お見舞い申しあげます。 夏の後半夏バテは大丈夫ですか?

 

こんにちわ! 京都市伏見区 永田東洋鍼灸整骨院の 永田です。

 

 

夏暑い日が続き、食生活の乱れに注意しましょう。

 

 

 

暑くてつい冷たいものをとりすぎたり、夜更かししながらお菓子を食べてしまったり

 

 

 

 

夏は身体に悪い食生活に陥りがちです。

 

 

 

 

 

食生活の乱れは夏バテを引き起こすだけでなく、生活習慣病にも直結します。

 

 

 

冷たい飲み物は糖分が多く、意外と高カロリー、夜遅くまで食べていると翌朝食欲

 

 

 

 

 

が湧かず、朝食を抜くことにもなります。

 

 

 

正しい食生活の基本は、規則正しい食事時間とバランスの良い食べ方。

 

 

 

 

 

一日3食規則正しく食事し、カロリーをおさえて、野菜やタンパク質をしっかりとりましょう。

 

 

 

 

こんな文章書いていて私も心当たりがあるなー!  (笑)  そんな時は、当院の治療スタッフに

 

 

 

 

 

夏バテに効くツボに鍼灸治療や、オイルマッサージをしてもらい、毎日改善しております。 (笑)

 

 

 

 

無題

 

 

074

 

 

104

 

 

img_7293

 

 

いつでも当院に御相談下さい。

 

 

 

自宅で、出来る夏バテを防ぐ食事も紹介しておきます。  東洋医学では、医食同源と言う言葉が

 

 

 

ありますね。

 

 

 

◎タンパク質とビタミンB

 

疲労回復に効果があります。豚肉やうなぎ、豆類は両方が揃っているので夏にぴったり

 

 

 

 

の食材、食欲のない時は豆腐料理もいいですね。

 

 

 

 

ウナギ!もうかなり過ぎましたが、土用丑の日に食べる習慣がありますもんね!

 

 

 

今ならその日よりウナギ安いのでわ (笑)

 

 

 

◎ ネバネバ食材

 

オクラ、山芋、モロヘイヤなどのネバネバ野菜に含まれる【ムチン】は、胃の粘膜を

 

 

 

保護して、弱った夏の消化機能を助けてくれます。

 

 

◎ 夏野菜

 

 

カボチャ、ナス、きゅうりなどの夏野菜は、利尿作用があるカリウムを豊富に含みます。

 

 

 

 

カリウムは高血圧の予防にも効果的な栄養素です。

 

 

 

 

◎スパイスと薬味

 

 

カレーや唐辛子、わさび辛味成分は、食欲増進とともに血行を促進して内臓の

 

 

 

 

働きを活発にします。

 

 

 

冷房による冷えにも効果的です。←(この時期患者様もよく訴えられます。)

 

 

 

以上参考までに…

 

 

 

【交通事故後の対処法がわかる交通事故専用サイト】

 

事故HP 永田東洋鍼灸整骨院 交通事故サイト

 

**********************************************************************************

 

京都市伏見区で骨盤背骨全身矯正・鍼灸治療・交通事故専門治療を提供する

永田東洋鍼灸整骨院

 

 

〒612-8353京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエア ウエスト1F

電話番号 075-611-5018

 

 

~受付時間~

1部 【月~土】 9:00~13:00

 

2部 【月・火・木・金】 15:30~20:00

 

※水・土の2部、日祝休診

 

先ずは一度、お電話ください。

 

診療時間外でも出来る限り対応させていただきます。

 

公式HP:永田東洋鍼灸整骨院

 

≪エキテン≫エキテン 永田東洋鍼灸整骨院

 

公式HP 桂東洋鍼灸整骨院

 

175