京都市伏見区永田東洋鍼灸整骨院のぎっくり腰  ~②~  伏見区 永田東洋鍼灸整骨院施術

受付時間

TEL

スタッフブログ

ぎっくり腰  ~②~  伏見区 永田東洋鍼灸整骨院

ぎっくり腰  ~②~  伏見区 永田東洋鍼灸整骨院

こんにちは!!!

 

 

京都市伏見区にある永田東洋鍼灸整骨院の中村です!!

 

 

今回はぎっくり腰になった時の対処法について書いていきます!

 

 

 

 

永田東洋鍼灸整骨院ではぎっくり腰の4つの約束があります!

 

 

 

1つ目よく冷やすことです!!

 

前のブログでも書きましたがぎっくり腰とは炎症が起こっている状態なのです。

 

炎症が起こっているという事は熱をもっているという事です。

 

なのでまずその熱をとる為に冷やさなければいけません!!!

 

 

冷やす際はアイスノンや保冷剤ではなく氷水で冷やしてください。

 

これはアイスノンや保冷剤では温度が低すぎて凍傷になる恐れがあります。

 

 

しかし氷水ですと0°くらいでひやせるので凍傷にならずに済みます。

 

なので絶対に氷水で冷やしてください!

 

 

冷やす時間は10分冷やして3分休憩を3セットして下さい。

 

 

 

 

2つ目は安静にすることです!!

 

 

炎症が起こっていて痛みがあるのでもちろん動き回ってはいけません!

 

 

ゆっくり休んでおくのが基本です。

 

 

ただどういう姿勢でいるのがいいますと痛い方の腰を上にして横になり「く」の字で寝る姿勢です。

 

この姿勢こしに1番負担のかからない姿勢なのでこの状態でゆっくり休んでください。

 

 

 

3つ目はお酒を飲まない!

 

お酒にはもちろんアルコールが含まれています。

 

そしてそのアルコールには痛みの感覚を麻痺させてしまうこうかがあります。

 

 

なのでお酒を飲んで痛みが無くなったと勘違いして動いているとアルコールが抜けた後まったく動けなくなってしまいお酒を飲む前よりも悪化してしまいます。

 

 

なのでお酒は絶対に飲まないで下さい!!!

 

 

 

4つ目は早く治療する!

 

 

 

痛みがあるのに無理して仕事したりしていたり放っておいたら治るだろうと思って治療せずにいても良くなりません!

 

 

仮に痛みがマシになってきたと思っていてもそれはその痛みに慣れてきて痛みを感じなくなっているだけです。

 

 

そのまま放っておくと慢性腰痛に変化したりまたすぐにぎっくり腰を再発してしまいます!

 

そうならない為に早期治療をしていきましょう!

 

 

 

次のブログでは永田東洋鍼灸整骨院でのぎっくり腰の治療法について書いていきます。

 

 

 

 

【交通事故後の対処法がわかる交通事故専用サイト】

 

事故HP 永田東洋鍼灸整骨院 交通事故サイト

 

**********************************************************************************

 

京都市伏見区で骨盤背骨全身矯正・鍼灸治療・交通事故専門治療を提供する

永田東洋鍼灸整骨院

 

 

〒612-8353京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエア ウエスト1F

電話番号 075-611-5018

 

 

~受付時間~

1部 【月~土】 9:00~13:00

 

2部 【月・火・木・金】 15:30~20:00

 

※水・土の2部、日祝休診

 

先ずは一度、お電話ください。

 

診療時間外でも出来る限り対応させていただきます。

 

公式HP:永田東洋鍼灸整骨院

 

≪エキテン≫エキテン 永田東洋鍼灸整骨院

 

公式HP 桂東洋鍼灸整骨院

 

 

永田東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒612-8353
京都府京都市伏見区東町212-1 ツインズスクエアウエスト1F
駐車場
5台完備

受付時間